CroMen

“世界を彩る化学反応”を生み出す、CroMenを伝える

【6/15開催報告】Cross Mentorship in APU

 2019年6月15日(土)、立命館アジア太平洋大学(以下「APU」)にて

「Cross Mentorship in APU」を実施いたしました。

f:id:cromen:20190617151515p:plain

都内中心に12期実施し続けてきた「Cross Mentorship」プログラムの大学出張版です。

 今回は大変多くの学生さんにご応募いただき、書類選考により30名の方にご参加いただきました。

また、本プログラムはCroMen社会人サポーターの大井祥紀さん(APU卒業生)とAPU3年生の寺町遼花さんも一緒に運営チームに入り、大学の特色や学生事情などから企画を検討、開催に至っています。

事前に出口学長にもCroMenの趣旨を説明しにお伺いしました。 

f:id:cromen:20190617153305p:plain

 

また当日も出口学長からご挨拶・メッセージを頂きました。

学長からの「悩んだら、とにかくやってみる。」と、学生達への行動の後押しとなる言葉からプログラムをスタートしました。

 

プログラムの目的

CroMenでは「生き方の中に働き方をデザインする」という考え方を大切にし、

大学生を中心に、自分の生き方や軸、価値観と向き合い、明日からの行動を後押しする

キャリア形成支援プログラムを実施しております。

f:id:cromen:20190617145822p:plain

当日プログラム

  1. 内省ワーク
  2. Life Speech
  3. 1on1セッション・グループセッション

内省ワーク

原体験を切り口に、自分の生き方の軸となる「What」「Why」「How」を考え、

言語化するワークを行いました。

 

Life Speech

社会人サポーターの取り組みから「What」「Why」「How」を学び、自身のキャリアにおける視野を広げると共に、改めて自身の情熱と向き合いました。

 

1人目:株式会社hokan CTO 横塚出さん

2人目:株式会社きもちラボ 加藤康広さん

3人目:株式会社ディー・エヌ・エー 小川篤史さん

 

 

1on1セッション・グループセッション

CroMenのプログラムで軸としている「対話」。

今回も1on1セッションやグループセッションを通して、他者視点でのフィードバックにより、自己理解をさらに深めるプログラムを行いました。

 

参加学生の声

 色々な人と腹を割って話す時間や自分を内省する時間ってなかなか日常生活ではないけれども、そのような機会に今回出会えたことはセレンディピティだったなと思いました。迷ったら即行動します。(APU3回生)

 

このイベントで、学生がなかなか得られない社会側の視点を得ることができ、心から良い機会と思えるようなイベントだった。 また、このイベントによって、救われる学生はたくさんあると思う。(APU2回生)

 

本当に参加させていただきありがとうございました。自分の世界を開いていただき、軸を作ることができてすごく嬉しかったです。これから自分はビックになります。(APU1回生)

 

最後に。

本プログラムは株式会社ディー・エヌ・エー様、株式会社hokan様にご協賛

頂き、プログラムを開催することができました。

心より御礼申し上げます。 

f:id:cromen:20190617145412p:plain

 

また、企画段階から尽力くださった大井さん、寺町さんをはじめ、懇親会や宿泊施設などの現地の調整にご協力頂いた深川さん、当日プラグラムにご協力頂いた社会サポーターのみなさま、学生チューターのみなさま、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

誠に有り難うございました。

(深川さんが経営するthe HELL Record & Sourもぜひ足を運んでみて下さい。)

 

今回のような大学別キャリア形成支援プログラムを始め、CroMenでは様々なプログラムやイベントプランをご用意しております。

ご興味のある方は、こちらまでご連絡ください。

info@cromen.net

 


Cross Mentoship紹介

 

【開催報告】Cross Mentorship 12期 全日程終了!

5月11日、秋葉原のキャンパスプラス(末尾にて紹介いたしております。)にてCrossMentorship12期 Day4開催いたしました。

f:id:cromen:20190511170754j:plain


Day1からDay4まで約1ヶ月間、自分に向き合い、これからのビジョンについて各々考えてきた参加者がプレゼンテーションで発表しました。

 

テーマは、

 

「私は何者か」

 

Day1にて、それぞれのライフチャート・原体験を1つの材料に、

ビジョン・ミッション、そこに通じるアクションの「仮説」を立てました。

 

Day2, Day3にて、その「仮説」を、各業界で活躍する社会人に語り、

様々な角度から質問をされ、フィードバックを受け、さらに考えを深めました。

 

そこから2週間、仮説を元にアクションをしてみる経験などを経て

三味線を上野公園で引いてみたり、
アート作品を作ってSNSでアップしてみたり、
ピアノのメディアをつくってみたり、
大学付近の長期のインターンに申し込んだり、
自分のブログを立ち上げてみたり、
屋久島に3週間滞在するために航空券をとってみたり、
各々「自分らしいとは何か」を模索しながら行動してくれました。

 

Day4で発表。本当に20人20色の「私は何者か」。話されたのは夢であったり、

今やっていることや、大好きなモノ(コト)についてなど。

 

f:id:cromen:20190521151326j:plain

f:id:cromen:20190514122205j:plain

 

各々の発表を聞いた後、グループセッションを行い、自分の興味関心分野に交わるであろう参加者と話す時間も設けました。

クロメンのミッションである、「世界を彩る化学反応」、多様な価値観や分野で活躍する人が興味分野について話し合う目的にも沿った有意義な時間になりました。

f:id:cromen:20190521151308j:plain

 

ーー株式会社CroMen 代表取締役 清水香央里ーーーーーーーーーー 

今回は新2年、3年生が多かったせいか初々しい印象が最初ありましたが、
最終日の発表では、2週間でサービスを作ったり、企画のプレゼンをする人もいたりアウトプットが多く「伸びしろ」を感じさせる期だったと思います。
また、過去参加したOBOGが社会人サポーターになって戻ってきてくれるようになったからか、最近は「コミュニティとしてのクロメン」に興味を持ってくれる学生が増えたように感じます。
今期の熱を来期にも繋げていけるよう引き続き邁進します。
最後に、社会人サポーターの皆様、お手伝いしてくれたOBOG、会場を貸してくださったソフトバンク様、キャンパスプラス様に改めて感謝申し上げます。

 

ーー12期完走にあたって  CrossMentorship12期運営 永田ーーーーーーーーーー

「クロメンって、どんな団体?」って聞かれた時、いつもものすごく迷います。個性豊かな、、そんな軽い言葉では片付けられないような気もします。12期であれば、Youtuberが弾いている三味線に憧れた人、感情表現を言語化に限らず色やデザインでアウトプットする人、専業主婦になりたいと意気込んだ人。大学もやっていることもバラバラの約20名の参加者が1ヶ月間で考え抜くことはプロジェクトではなく「自分」についてです。自分のアイデンティティの活かし方を社会人と模索する参加者もいれば、自分の過去からこれからを考える参加者もいる、そんな団体だと思いました。

言語化下手ですね。ごめんなさい。

私ごとではあるのですが、私は7期に参加しそのあとクロメンから離れていました。消極的な理由ではなく、クロメンで考えた結果自分のしたいことをしている時間が欲しかったからです。12期で運営をやらないかという声を頂いた時に、チューター経験のない私がどれだけのパフォーマンスができるのか心配でした。

運営をやろうと決めた一番の理由は、7期で参加した時の横の繋がり、社会人との繋がりが今自分の財産であると実感する場面が、クロメンに携わっていない二年弱にも幾度となくあったからです。今も困った時に本気で話あえるメンバーがいる。学校でできた友達とは違って、将来のことや、今やりたいことを本気で話あえる仲間がいる。7期で参加していた時間、考えて真っ白になって嫌になった時間を共有した仲間にはなんでも言える、その場を作ってくれたクロメンを他の人にも共有したい!そう思ったから、12期で運営をしようと決心しました。

結果、やってよかった。というか、終わってほしくなかった。

それぞれが、考えてきたビジョンと自分の情熱に向き合い、それを一番近くで見ることができる

CrossMentoship12期NEXT楽しみです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:cromen:20190514122112j:plain

f:id:cromen:20190514141412j:plain

f:id:cromen:20190514122108j:plain

f:id:cromen:20190514122115j:plain

f:id:cromen:20190514122158j:plain

 

 

  

会場協賛:キャンパスプラス

今回場所を貸してくださった、キャンパスプラス。ワンコイン(たった500円)で一日利用し放題。wifiももちろん完備なので、テスト勉強や、会議などに使えます!

東京都千代田区岩本町3-4-6トナカイタワーズビル5F

 https://campusplus.jp/

 

【開催報告】Cross Mentorship 12期 DAY2,DAY3

4月20日(土)、27日(土)に

CrossMentorship12期のDAY2,DAY3を開催いたしました。

 

f:id:cromen:20190502174140j:plain


 

Cross Mentorship12期では、事前課題として

過去を振り返る「自己探求シート」と

これからのビジョンを考える「VA(ビジョン・アクション)シート」を提出して、

本プログラムに臨みました。

 

それを元に、DAY1を行い、

DAY1のプログラム終了後にはチューターと1on1を個別に行い、違和感や躓きと多角的に向き合っていきます。

 

cromen.hatenablog.jp

 

DAY2の午前中には、参加者OBの3名に
”ライフスピーチ”をして頂きました。

Cross Mentorshipを経て考えたこと、自分の情熱、これからについて、参加者の将来により近いスピーチを通し、今描いているビジョンとそれぞれが照らし合わせました。

 

大学の研究室やインターン先で機械学習を学んでいる

長妻雄飛さん(東京大学工学部4年生)

f:id:cromen:20190423140810j:plain

 

インターン先でエンジニアとして開発チームのリーダーを務める

三輪皓暉さん(東京理科大工学部2年生)

f:id:cromen:20190427160327j:plain

 

年間休学して岡山県真庭市にて地域おこし協力隊に就任。自ら設立した『ゆーまにわ』にて地域課題解決に取り組む

橋下隆宏さん(東京大学農学部3年生)

f:id:cromen:20190427160354j:plain

 

OBの生き方を知り、改めて「自分はどんな人生を歩むか」を考えた上で、

DAY2,3の午後は"社会人1on1"です。

この1on1セッションこそ、CroMenのキャリア形成プログラムの真骨頂です。

 

1on1では、 DAY1を通して考えてきた「将来のビジョン」や「自分の情熱」を学生たちが社会人に話し、様々な角度からフィードバックをもらいます。

f:id:cromen:20190502164450j:plain

学生と1on1して頂く社会人の方については、
本当に多様で、各業界の第一線で活躍する方にお越し頂いており、
これがCross Mentorshipの最大の魅力でもあります。

今回も大手企業からスタートアップ企業、一方で省庁など各方面から、
起業家、社内新規事業担当者、Webデザイナー、外交官、コンサル、公認会計士、社内人事、アスリートなど、役職も様々な方に起こした頂きました。

f:id:cromen:20190502162403j:plain

そんな個性豊かな社会人の経験やアイディアをフィードバック頂くことで、
参加学生が描く将来やビジョンをより明確になることや、そのビジョンに向かって動き出すキッカケになります。

f:id:cromen:20190423140825j:plain 

f:id:cromen:20190423140820j:plain

f:id:cromen:20190502163530p:plain

 

「自分の考えていることをぶつけた上で、自分の足りない思考を徹底的に言っていただいて、自分の考えを再構築したいと感じた。

(T.Mさん 大学3年生)

 

「社会人の方との1on1をして行く中で、これまで自分が掲げていたビジョンはただの大義名分で、本当の自分の悩みがなんなのかが見えた気がします。

(S.Hさん 大学3年生)

 

参加学生にとって、何が好きか、何をしたいか、何が必要か、考えを深めて、行動するための2日間となりました。

f:id:cromen:20190502170939j:plain

 

DAY2、DAY3を通して、参加者のビジョンはそれぞれ異なりますが、
グループのチューターや社会人メンターと1on1を繰り返すことができることも、
Cross Mentoshipの特徴です。

 

このような2日間の1on1を経て、参加学生たちは最終日DAY4にて

「私は何者か」という発表を行います。

 

私たち運営メンバーも参加学生による十人十色の情熱が聞けることが心から楽しみです。

Cross Mentorship 12期開催

2012年から始まった、CrossMentorshipですが、この春開催されるプログラムで12回目の開催いたしました。

今までの参加者が、CroMenを通して

これからを考え、

情熱と向き合い、

今、それぞれのフィールドで活躍している。

 

 

そのこと自体が、筆者の私も、ただただ感無量です。

 

f:id:cromen:20190415133229j:plain

 

 

さて、どんな感じでday1が進んでいったのか振り返っていきましょう。

 

自己紹介

12期の自己紹介で使用したのが、「マトリクス自己紹介

          f:id:cromen:20190415132920p:plain

自分の好きなもの自分が大切にしていること、などなど、自分を表すキーワードとそれに付随するワードをどんどん書き出していきます。

5分しか時間がないから、テンポよくがコツ。

f:id:cromen:20190415133139j:plain

それが終わったら、書いたものについてグループで質問し合う。

初対面なはずなのに、グッと距離が縮まります。

 

1on1

CroMenのメインコンテンツといえる1on1。

「自分はこんな人間!」と主観で自身と向き合った事前課題を元に

1on1を通して、より深めていきます。

自分が捉えていた原体験も、人から指摘されると全く別の観点があった、

過去を振り返って自分の情熱がどんなところに注がれていたのか、

を見つ直すことができます。

f:id:cromen:20190415212851j:plain


f:id:cromen:20190415133202j:plain

 

グループセッション

12期で初めて導入した、「グループセッション」

1回目の1on1で深めたビジョンやミッションを、グループの中で揉むことで多角的な視点と意見を持つことができるようになります。

f:id:cromen:20190415172414j:plain

 

1on1

 2回目の1on1では、これからのミッションにフォーカスした1on1を行いました。グループセッションを踏まえ、自分が果たしたいミッションを再考します。

f:id:cromen:20190415172413j:plain

 

懇親会

最後はもちろん、懇親会!!
頭も使って、本気で取り組んだ後にはみんなでご飯です。

 

f:id:cromen:20190415172620j:plain

 

12期も個性豊かなメンバーで走り出しました!

ここから、1ヶ月間、どんな化学反応が起きて、どんな変化が生まれるのか、、、

楽しみでなりません。

 

 

 

自主規制がかかりました

CroMenでお世話になっているとだです!

   とだの過去記事

 

新春早々、初のエレファントカシマシのライブに行ってきました!!

f:id:cromen:20190106223330j:plain

めちゃくちゃ近かった

 

いや、めちゃ良かったです(笑)

うますぎて、なんかCD聞いてるみたいや(笑)なんて思っていたのですが、家帰って携帯で聞いてみるとやっぱり本物は全く違いました。失礼しました。

 

母に隣で「今絶対ミヤジ(ボーカルの方)と目があった!!!」と何度も言われたのがはずかしかったです(笑)(ちなみに私自身はミヤジさんと3回は目が合ったと信じています。)

 

目の前におられる実感がなく、テレビを見ている感覚のようでもありました。

 

舞台から帰られる最後の時までなんともカッコよかった、、!

 

曲のことについて話し出すときっと止まらないと思うので、(笑)

私がほんとうに好きだと思った「俺たちの明日」、よければぜひ聞いてみてください!

 

エレカシは暖かい感じがしてすごく好きです。

 

ライブの最後で紅白の話をされており、実はサラシを着物の下に巻かれていたそうなのですが、それが苦しかったそうです(笑)

けれども、「つい一生懸命やってしまう」から筋肉痛になってしまった、というお話をされていて、自分もそうなりたい、そうなろうと思いました。

 

また話しすぎてしまいました(笑)

 

 

本日のお題は!!!

 

「やりたいことリスト100」

 

バケットリスト的なやつですかね。

一度作ったことはあるのですが、確か30くらいで終わっていた気がします。

今確認できるのですが、あえて確認しない方向で(笑)

 

さとこ姐さんはさすがの発想だなぁ(笑)と思い、めちゃ尊敬しました。

 

cromen.hatenablog.jp

 

 

私は正面突破してみようかと(笑)

 

書き続けて見て、自分でも思いもよらないものが出てくるかも、と思えばワクワクします。

 

 

〜100コやってみました、最後に添付しています〜

 

 

略すと、さとこさんの弟子になり、屋久島でもののけ姫になり、ほうき星になりたいという結果になりました(笑)

 

一度書いて見るのはいいことですね、後から整理できる感じがします。

 

でもやっぱりオンラインで発表するっていうことを前提に書くと、色々自粛かかりますね(笑)

ほんとはしたいのにあまり適切じゃないな、と思って書かないこと、スコシありました。(笑)

そして最後はまとめにかかりました(笑)

 

反省点は多々あるのですが、これも一つの私の歩みですね。

 

自分のしたいことってなんだろう、っていうのを軽く見つめる時間にもなったので、

皆さんもよければやってみてください!!

 

完食。

 

  1. 幸せな家庭を築く
  2. 子ども、家族に愛情をいっぱい注ぐ!
  3. 気ままに旅行する
  4. いや、住む?
  5. 三ヶ月くらいフラフラと滞在したい
  6. 天気が気持ちよくて、自然に囲まれているところ
  7. どこまでダラけられるのか選手権
  8. いつになったらダラける事に対して飽きがくるのだろうか
  9. ダラける事が自己目的化したらオワッタ感が強い
  10. やっぱり旅したい
  11. そんで詩とか読んで思い出にしたい
  12. 自己満万歳
  13. 感じたことを詩にして、誰かが気持ちよくなれれば
  14. とか言いながら、結局は自分のナカを外にはきだしたいだけ感
  15. ラクガキを添えて
  16. 動き出すようなイキイキしたラクガキ
  17. 音楽で合奏して体が震える体験を死ぬまでにもう何回かしたい
  18. 体が震える体験、ジャンルは問わずも
  19. ヨガ極めたい、その先の境地をかじりたい
  20. ナイスバディになりたい
  21. お茶も極めたい
  22. 心動かされる経験を死ぬまでしたい
  23. ってか欲を言えば私も人の心を動かせるように努力する
  24. お茶碗とか、少なくともどこに価値があると思われているのかわかるようになりたいなぁ
  25. 岩井克人先生に一瞬でいいからなってみたい
  26. 頭の中に何が詰まっているんだろう
  27. 死ぬまで本を読みたい
  28. 自分の頭で考えたい
  29. 愛する人を置いて行きたくないし、置いていかれたくないなぁ
  30. 映画"notebook"みたいに夫婦で最後まで添い遂げたい
  31. 見る側じゃなくて、自分がする側になりたい
  32. 自分の人生捧げる事決めたい
  33. そして最後まで努力したい
  34. その根性をつけたい
  35. その根性があるのか誰か私と判定してくれ(笑)
  36. 世界のいろんなところ見に行きたい
  37. もっと一様になってしまう前に現地の風を感じたい
  38. 文化を愛したい
  39. 自分がまず日本文化を知りたい
  40. その心を知りたい
  41. まずお茶を始めるところから始めよう(笑)
  42. ずっとみんなと笑ってたい
  43. そのために健康になる
  44. さとこさんのwitの能力が欲しい、、。
  45. 弟子にしてください!!!!!
  46. 色気というかオーラのある美人になりたいなぁ
  47. (ミヤジは色気もあってオーラもあってカッコイイ)
  48. 歴史に爪痕を残したい
  49. 自分ちっぽけだなぁと今は感じるが、40になったら何を感じるのかな
  50. いや、感じられるようになっているのかか
  51. 大好きなことを見つける
  52. 大好きなことをする
  53. 瑞々しく生きる
  54. 一回でいいからファーストクラス乗りたい
  55. 一回でいいからホテルのスイート泊まりたい
  56. 一回でいいからお金のこと全く気にせず旅行したい
  57. 屋久島でもののけ姫になりたい
  58. ずっと家族を大切にしたい
  59. やっぱ歌作りたいなぁ、パワーある
  60. パワーある文章作りたい
  61. 元気元気
  62. 時計を分解して組み立てたい
  63. 美味しいもの食べたい
  64. みんなで楽しくホームパーティーもすごく良い
  65. 昔からほうき星になって見たかった
  66. いうたら魔法使いなりたい、時々夢に見る
  67. 東海道歩いて京都にたどり着く
  68. ニキビなくなる方法を身につけたい
  69. 青空教室したい
  70. そのためのどこでもチェア机付きが欲しい
  71. 雨の中走って恋人の元に駆けて行きたい
  72. 図書館一個ぶんくらいの知識を頭に入れたい
  73. いや、全知全能にナリタイ
  74. 知恵をつけたい、いや育む
  75. 閑静な自然溢れるところやねんけど、そこそこ人はいて、オモロイ仕事できるような場所に住みたい
  76. 東京の満員電車にはもう乗りたくない
  77. 日本に住みたい
  78. 自分史上一番美味しいタピオカを更新し続ける
  79. 感動するくらい美味しい紅茶・チャイティー・コーヒーをコンスタントに淹れられるようになる
  80. みんなを大切にする人になる
  81. みんなに大切にされる人になる
  82. これなら私に任しときっ!っていうことを3個作る
  83. 将来いろんな技術が出てきたら、真っ先に天井に張り付いて見たい
  84. そして空を飛びたい
  85. パタパタと
  86. ほんまになんでもできるんやったら、寝転びながら音速で飛んで目的地に行って見たい
  87. どっかの映画みたいに鉄道の屋根の上を歩いて見たい
  88. ってか、アルプス山脈を走る鉄道には乗りたい
  89. 交渉の達人になりたい
  90. アルプスの花畑でハイジのようにうふふっと走り回りたい
  91. そしておじいさんの家でチーズを垂らしたパンとヤギのミルクが飲みたい
  92. ハイジがクララと会えるようにロッテンマイヤーさんと交渉したい(する必要ないかもやけど)
  93. ハーフマラソンを気軽に走れる体が欲しい
  94. サカナになりたい
  95. トリになりたい
  96. 自力で二階まで壁伝いに這い上がってみたい
  97. 3階から飛び降りで無傷にいる能力欲しい
  98. 今の友達ともずっと繋がっていたい
  99. 大切な人に囲まれていたい
  100. 周りの人幸せにして、自分も幸せな人生歩みたい

二十四皿目コラム職人:とだ

 

f:id:cromen:20181203130754p:plain 

都内の私大に通う3年生。

上京して3年経つのに、全く方言が抜けない(もう抜く気がない)悩める女子大生。

CrossMentorship10期参加、CrossMentorship11期運営。

 

▼とだのタグ▼

#経済 #留学したい #海外行きたがり #お寺好き #日本好き  #インド好き

 

▼好きなお寿司▼

エンガワ

 

▼一言▼

今年は勝負の一年だぁ

【CroMen Next 開催】

【CroMen Next 開催】

2019年3月23日土曜日、キャンパスプラスにて第一回のCroMen Nextを開催いたしました。

f:id:cromen:20190325191949j:plain

 

CrossMentorshipは、来月4月に開催されるプログラムにおいて12期を迎え、今までの参加者は700名にのぼります。

 

CroMen Next ではcross mentorshipを参加した方を中心に、「次なる一歩」として、情熱をカタチにすることを目的としており、関係値や知識、価値観のアップデートができるようなコンテンツを行っています。

f:id:cromen:20190325192001j:plain



<<コンテンツ>>

1自己紹介

2OBOGによる「偏愛トーク

*偏愛トークでは、スピーカーそれぞれが「情熱を傾けているもの」について赤裸々にトークしました。*

 

*当日のコンテンツは全てCrossMentorshipのFacebookにて公開されています。併せてご覧ください*

Cross Mentorship - ホーム | Facebook

東京大学/株式会社FULMA COO /中條武さん

テーマ:「YouTuber Academyの先生が選ぶYouTuber3選!」

f:id:cromen:20190325192318j:plain

f:id:cromen:20190325192325j:plain


YouTube Academyの先生として、多方面で活躍し「子供達のやりたい!を叶える」活動をしている7期生の中条さん。

youtuber-academy.jp

情熱を傾けている「YouTube」のクリエイター3選!!

1位はもちろん。。。。。!!!

 

東海オンエア!!!!!!東海オンエア - YouTube

(筆者の私も大大大ファンです!)

 

東京大学2年生/金子竣亮くん

テーマ:「サッカーで承認の世界を作る」

f:id:cromen:20190325192005j:plain

f:id:cromen:20190325191940j:plain

 

当日も、ヴァンフォーレ甲府のジャンパーを着て甲府から駆けつけた8期生の金子さん。自らの過去の体験も含め、サッカーを通しての将来を語ってくれました。

 

 

SFC/ 阪本弘輝くん

テーマ:「聖地巡礼~世界精神の系譜~」

f:id:cromen:20190325191948j:plain

f:id:cromen:20190325192000j:plain

f:id:cromen:20190325191955j:plain

(躍動感が溢れすぎて、ぶれていない写真がない。)

「「厨二病の阪本です。」と、SAKAMOTO WORLD全開で始まり開始30秒経たないうちに会場を爆笑に。4期生の阪本さん。

坂本的聖地巡礼古代ローマ帝国の領土だった場所巡礼。。)から、彼が思うカエサルへの想いを話してくれました。」

 

 

3ゲストスピーカー

スダックスさん (須田仁之さん)

f:id:cromen:20190325191934j:plain

f:id:cromen:20190325191942j:plain

恋愛依存症のボクが社畜になって見つけた人生の泳ぎ方」「捨てる。手を抜く。考えない。月460時間労働から抜け出した私の方法」の著書があり、複数社の社外取締役などを兼任してらっしゃるスダックスさん。

www.evernote.com

CroMenでは、前身のプログラムの時から、社会人サポーターとして携わっていただいています。

今回は、会場からの質問をベースに恋愛や仕事、縁など幅広く話していただきました。

 

本プログラムを主催したCrossMentorship運営の鈴木からは、

OBOGの「偏愛スピーチ」と、ゲストスピーカーのスダックスさんのお話です。「個性豊か」という言葉では表せない、ユニークで、とても学びがある内容でした!ほんっとに最高でした!! 

と感想を頂いています!!

 

 

そして、、、

今回会場として使わせていただいていたのが、

キャンパスプラス

campusplus.jp

 

実は、このキャンパスプラスさんも11期で参加してくれた楠くんが代表をしているんです!!

f:id:cromen:20190327024813j:plain

 

学生は利用額も学生なんと。。。。。。500円!安すぎます!

Wi-Fi・電源はもちろん、フリードリンクおかわり自由と、特典が沢山!お菓子なども持ち込み可能で、「もう一つのキャンパス」として使えること間違いなしです!

(上記HPより一部引用)

 

 

 

 

そして

今回はお知らせがもう一つあります!

!!!!!次回クロメンネクスト開催決定!!!!!!!

 

次回開催は5月を予定しています。今後、facebookにて告知等をして行きますので、参加をご希望の方はそちらをチェックしてください!

 

 

 

 

 

死ぬまでにやりたいことは・・・


はじめまして、吉田と申します。

f:id:cromen:20190112071916j:image

9月に大学を卒業し、今年やっと社会人になる24歳の男です。

CroMenには6期でジョインし、それ以来細々と運営のお手伝いをしてきました。



さて、今回のお題は・・・・「人生でやりたい100リスト」

 

ということだそうなのですが、ハッキリいって100もやりたいことは思い浮かばなかったです(笑)無理やりなら上げられそうですが、やりたいとそこまで思っていないこともリストに上がってしまうのが嫌なので、

 

「死ぬまでに絶対やりたい3つのこと」に絞って紹介したいと思います(笑)





  • ユーレイルグローバルパスを使ってヨーロッパの鉄道各線を乗りつくす



「ほぼ旅行じゃねーか」という声が聞こえてきそうな内容ですね・・・



サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼道800Kmを歩き通す



スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラは、ローマやイェルサレムと並ぶキリスト教の三大巡礼地として知られている町で、その町にある大聖堂がヨーロッパ中から通じる巡礼道の終着地点となっています。

 

f:id:cromen:20190112072047j:image

  最終地点の大聖堂です。美しいですね~

 

 

僕は1人で放浪するのがとても好きです。フラっと山に出かけて考え事に耽ったり、遠い知らない町に行って、そこで生活している人の暮らしぶりを眺めたり、、、、

 

人の目を気にすることなくゆったりとした気分になりたいからなのかもしれません。





美しい風景の中をゆっくりと歩き、巡礼拠点の町で人々の暮らしぶりを見、夜は巡礼宿で読書、、、想像するとサイコーですね(笑)





ユーレイルグローバルパスを使ってヨーロッパの鉄道各線を乗りつくす




ユーレイルグローバルパスとは簡単に言うと「ヨーロッパ31カ国の国鉄が乗り放題」という(鉄オタには)夢のような切符です。

www.eurail.com

 

それを使ってひたすら電車に乗りまくりたいです。(マジで)



あまり今まで公にはしてなかったのですが、僕は鉄道がとても好きです(特に乗る方)

 

・幼稚園入る前、土手で数時間電車眺め続ける

・小学校、一人で新幹線に乗って旅行(宇都宮に餃子を食べに行きました)

・中学時代、音だけ聞いて車種・パンタグラフの種類の判別、レールの削れ具合の測定

・高校時代、ケータイの着信音は駅の発車メロディー

・時刻票と地図を開いて、一人で妄想旅行。仮想路線の作成

 

なんてことをやるくらいでしたので、まあ相当だと思います。

f:id:cromen:20190112071839j:image

   実は年末年始特急に乗りたいがために日光に行きました笑

そんな鉄オタにとってユーレイルグローバルパスは(くどいですが)夢のような切符なのです笑



もし手に入れたなら、ICE(ドイツの新幹線)、TGV(フランスの新幹線)はもちろんのこと、タリス(フランス、ベルギー、オランダ、ドイツを結ぶ高速列車)に乗り、シーメンス製、アルストム製の車体ではカーブでどのような乗り心地になるのか等を調べてみたいですねぇ。。。



想像するだけでよだれが出ます笑





キリマンジャロ登頂

最後3つめは「キリマンジャロ登頂」です。

 

七大陸最高峰の1つに数えられ、アフリカ大陸でもっとも高いとされる山ですね。数ある山の中でなぜキリマンジャロに登りたいのかというと、まず感覚的にたたずまいが「美しい」。写真を見るとわかるのですが、山脈に属しているのではなく、独立しているんですよねぇ。独立峰というらしいです。しかもキリマンジャロは独立峰の中でも最も高い山・・・






頂上についた瞬間達成感に満ち溢れる瞬間を想像すると、とてもワクワクします。

 

(僕の先輩方が何人か実際に登頂されていましたが、記憶障害になったり吐きまくったりしていたので、そんな気持ちになれるのかという疑問はありますがw)

 

昨年荒天のせいで富士山登頂を断念したことが尾を引いているのかもしれないです。。。

f:id:cromen:20190112072013j:image

 





書いてて思ったんですけど、800Km歩くとか、高い山に登ったりすることを絶対にやりたいことに上げちゃうのってドMなんでしょうか、どうでしょうか。




以上、吉田ことプリンスの「死ぬまでに絶対やりたいこと3つ」でした~!




二十三皿目コラム職人:吉田明


f:id:cromen:20190112072349j:image

早稲田大学社会科学部

 

CrossMentroship6期に参加し、以降細々と運営・企画にかかわり続ける陰の人。

雑務からパワポ作成、当日運営まで幅広~くお手伝いしてます。



▼タグ

カンボジア #サラダチキン #鉄オタ #コーヒー #マラソン #筋トレ #アニメ

#放浪癖あり #一人旅 #天邪鬼



▼一言

捲土重来の精神で生きています